コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝清商民水陸貿易章程 ちょうしんしょうみんすいりくぼうえきしょうていCh'ǒng-jo sangmin suryuk muyǒk changjǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝清商民水陸貿易章程
ちょうしんしょうみんすいりくぼうえきしょうてい
Ch'ǒng-jo sangmin suryuk muyǒk changjǒng

朝鮮王朝 (李朝) の高宗 19 (1882) 年8月 23日,清国と朝鮮との間で調印された全文8条の貿易章程。壬午の変 (→京城事変 ) のあと,おもに日本勢力の朝鮮進出を牽制するため締結された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝清商民水陸貿易章程の関連キーワード朝鮮王朝

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android