コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京城事変 けいじょうじへんImo kunran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京城事変
けいじょうじへん
Imo kunran

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期,首都京城 (現ソウル) で起った2つの事変。 (1) 壬午の変 高宗 19 (1882) 年閔氏政府の軍事改革をきっかけにして起った反乱。目的を欠いたため,日本の軍事的威圧,清国の軍事干渉を招き,閔氏一族の政権を強化したにすぎなかった。 (2) 甲申の変 高宗 21 (1884) 年金玉均らの独立党が閔氏一族の事大党を倒すために起したクーデター。清国の反撃を受け,独立党のクーデターは失敗し,金玉均らは日本に亡命した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいじょうじへん【京城事変】

朝鮮の壬午軍乱(1882)と甲申政変(1884)に対する当時の日本での呼称。両事件とも京城(ソウル)で起きたので,このように呼んだ。京城とは城壁で囲まれた京(みやこ)という意味で,当時の正式名称は漢城Hansŏngである。【原田 環】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京城事変
けいじょうじへん

1882年の壬午(じんご)軍乱、1884年の甲申(こうしん)政変と、朝鮮の京城(日本統治時代のソウルの名。ただし、この時点では朝鮮は独立国で、漢城といった)で起こった二つの排日運動を総称していう。近年は使用されなくなった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

京城事変の関連キーワード朝清商民水陸貿易章程宋秉しゅん済物浦条約漢城条約天津条約朴泳孝丁汝昌馬建忠政変金九傅山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android