コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京城事変 けいじょうじへん Imo kunran

4件 の用語解説(京城事変の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京城事変
けいじょうじへん
Imo kunran

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期,首都京城 (現ソウル) で起った2つの事変。 (1) 壬午の変 高宗 19 (1882) 年閔氏政府の軍事改革をきっかけにして起った反乱。目的を欠いたため,日本の軍事的威圧,清国の軍事干渉を招き,閔氏一族の政権を強化したにすぎなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

京城事変【けいじょうじへん】

壬午(じんご)軍乱甲申(こうしん)政変

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいじょうじへん【京城事変】

朝鮮の壬午軍乱(1882)と甲申政変(1884)に対する当時の日本での呼称。両事件とも京城(ソウル)で起きたので,このように呼んだ。京城とは城壁で囲まれた京(みやこ)という意味で,当時の正式名称は漢城Hansŏngである。【原田 環】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京城事変
けいじょうじへん

1882年の壬午(じんご)軍乱、1884年の甲申(こうしん)政変と、朝鮮の京城(日本統治時代のソウルの名。ただし、この時点では朝鮮は独立国で、漢城といった)で起こった二つの排日運動を総称していう。近年は使用されなくなった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京城事変の関連キーワード衛満朝鮮王朝朝鮮王朝実録徳寿宮李朝Seoul朝鮮王室儀軌阿只抜都《朝鮮王朝実録》朝鮮王朝の王墓群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone