コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮之光 ちょうせんのひかり

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんのひかり【朝鮮之光】

植民地下の朝鮮の雑誌(朝鮮語)。1922年11月創刊。当初の編集発行人は張道斌(ちようどうひん)で,穏健な民族主義誌だったが,編集人の交替後25年ころから社会主義的色彩を強め,趙明熙朴英熙らの小説・評論を掲載,プロレタリア文学運動の形成を促した。28年初め朝鮮共産党(ML派)は《朝鮮之光》を党機関誌にすることを決定したといわれるが,共産党への弾圧で実現をみなかったらしい。その後も左翼的な総合雑誌として種々の傾向を持つ人びとが執筆した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

朝鮮之光の関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android