コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮之光 ちょうせんのひかり

1件 の用語解説(朝鮮之光の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんのひかり【朝鮮之光】

植民地下の朝鮮の雑誌(朝鮮語)。1922年11月創刊。当初の編集発行人は張道斌(ちようどうひん)で,穏健な民族主義誌だったが,編集人の交替後25年ころから社会主義的色彩を強め,趙明熙朴英熙らの小説・評論を掲載,プロレタリア文学運動の形成を促した。28年初め朝鮮共産党(ML派)は《朝鮮之光》を党機関誌にすることを決定したといわれるが,共産党への弾圧で実現をみなかったらしい。その後も左翼的な総合雑誌として種々の傾向を持つ人びとが執筆した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

朝鮮之光の関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党チーホノフ岡村司クニッピングスコット田中源太郎ノット

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone