コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木の葉木菟 コノハズク

デジタル大辞泉の解説

このは‐ずく〔‐づく〕【木の葉木菟】

フクロウ目フクロウ科の鳥。全長約20センチ。全体に茶褐色で、頭に耳状の羽毛がある。日本では主に夏鳥。鳴き声が「ぶっぽうそう」と聞こえ、「声の仏法僧」という。→仏法僧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

このはずく【木の葉木菟】

フクロウ目フクロウ科の鳥。全長約20センチメートルで、日本産フクロウ類では小形。背面は褐色、腹面は淡褐色で、全身に黒ないし褐色の縦斑があり、頭に耳状の羽毛がある。ブッポーソーと鳴き「声の仏法僧」といわれる。北海道・本州の森林で繁殖し、冬期は南へ移動する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

木の葉木菟の関連キーワード淡褐色森林本州背面冬期腹面小形

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android