コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木菟 ズク

デジタル大辞泉の解説

ずく〔づく〕【木菟】

ミミズクの別名。 冬》

つく【木菟/木兎】

ミミズクの古名。
「初め天皇生(あ)れます日、―産殿(うぶどの)とび入れり」〈仁徳紀〉

みみ‐ずく〔‐づく〕【木菟/鴟鵂/角鴟】

フクロウ科の鳥のうち、頭に耳のような羽毛をもつものの総称。オオコノハズクをさすことが多い。 冬》「―のほうと追はれて逃げにけり/鬼城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずく【木菟】

ミミズクの異名。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木菟 (ミミズク)

動物。フクロウ目に属する,冠羽をもつ鳥の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

木菟の関連キーワード物部伊莒弗由良 君美コノハズク履中天皇物部大前松井義彰平群真鳥小川破笠平群氏葛城円木菟入弓月君異名動物にお

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木菟の関連情報