コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏法僧 ブッポウソウ

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐ぽう‐そう〔‐ポフ‐〕【仏法僧】

仏と、仏の説いた法と、仏法を行ずる僧または教団。三宝(さんぼう)。

㋐ブッポウソウ科の鳥。全長約30センチ。体は濃青色で頭が黒く、くちばしと脚が赤い。日本では夏鳥。林にすみグエーグエーと鳴き、俗に「姿のブッポウソウ」といわれる。冬季南アジアへ渡る。
㋑ブッポウソウ目ブッポウソウ科の鳥の総称。ハト大のものが多く、羽色は青色を主とする。旧世界に16種が分布。ブッポウソウ目にはカワセミ科・ヤツガシラ科なども含まれる。
コノハズクの鳴き声の聞きなし。俗にコノハズクを「声のブッポウソウ」という。 夏》「―こだまかへして杉聳(た)てり/林火

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっぽうそう【仏法僧】

〘仏〙 仏と法と僧。三宝。
ブッポウソウ目ブッポウソウ科の鳥。全長約30センチメートル。全身青緑色で、くちばしと脚が赤い。低山帯の林地にすむ。日本には夏鳥として渡来して繁殖し、冬は南方に渡る。ゲッゲッと鳴く。ブッポウソウと鳴くコノハズクに対し「姿のブッポウソウ」という。
ブッポウソウ目に属する鳥の総称。
コノハズクの異名。ブッポウソウと鳴くので、に対して「声のブッポウソウ」という。三宝鳥。 [季] 夏。 《 -青雲杉に湧き湧ける /水原秋桜子 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仏法僧の関連情報