コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏法僧 ブッポウソウ

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐ぽう‐そう〔‐ポフ‐〕【仏法僧】

仏と、仏の説いた法と、仏法を行ずる僧または教団。三宝(さんぼう)。

㋐ブッポウソウ科の鳥。全長約30センチ。体は濃青色で頭が黒く、くちばしと脚が赤い。日本では夏鳥。林にすみグエーグエーと鳴き、俗に「姿のブッポウソウ」といわれる。冬季南アジアへ渡る。
㋑ブッポウソウ目ブッポウソウ科の鳥の総称。ハト大のものが多く、羽色は青色を主とする。旧世界に16種が分布。ブッポウソウ目にはカワセミ科・ヤツガシラ科なども含まれる。
コノハズクの鳴き声の聞きなし。俗にコノハズクを「声のブッポウソウ」という。 夏》「―こだまかへして杉聳(た)てり/林火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっぽうそう【仏法僧】

〘仏〙 仏と法と僧。三宝。
ブッポウソウ目ブッポウソウ科の鳥。全長約30センチメートル。全身青緑色で、くちばしと脚が赤い。低山帯の林地にすむ。日本には夏鳥として渡来して繁殖し、冬は南方に渡る。ゲッゲッと鳴く。ブッポウソウと鳴くコノハズクに対し「姿のブッポウソウ」という。
ブッポウソウ目に属する鳥の総称。
コノハズクの異名。ブッポウソウと鳴くので、に対して「声のブッポウソウ」という。三宝鳥。 [季] 夏。 《 -青雲杉に湧き湧ける /水原秋桜子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

仏法僧 (ブッポウソウ)

学名:Eurystomus orientalis
動物。ブッポウソウ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

仏法僧の関連キーワードコノハズク(木の葉木菟)鬼子母神(きしもじん)掻い繕ふ・搔い繕ふバードウオッチング鴉鷺合戦物語言ひ成り三宝水原秋桜子木の葉木菟千僧供養梁塵秘抄銭屋金埒さえずり雨月物語三宝絵詞鳳来寺山金時山三礼文煤びる三宝印迦葉山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏法僧の関連情報