木下 華声(読み)キノシタ カセイ

20世紀日本人名事典の解説

木下 華声
キノシタ カセイ

昭和期の声帯摸写芸人,漫談家



生年
明治44(1911)年7月6日

没年
昭和61(1986)年5月27日

本名
長谷川 栄太郎

別名
前名=江戸家 猫八(2代目)(エドヤ ネコハチ)

経歴
大正8年柳家喜よしを名乗り、落語家となる。10年2代目三遊亭金馬門に入り、金時。14年5代目三升家小勝門に入り、勝頼。またこの間13歳で初代江戸家猫八に入門、小猫八の名で浅草の舞台に上がる。初代没後、昭和4年2代目猫八を継ぐが、のち漫談に転じ、10年徳川夢声に対抗して木下華声と改名。鳥や動物などの他、吉田茂、浅沼稲次郎小西得郎らのものまねを得意とした。著書に「芸人紙風船」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

木下 華声
キノシタ カセイ


職業
声帯摸写芸人 漫談家

本名
長谷川 栄太郎

別名
前名=江戸家 猫八(2代目)(エドヤ ネコハチ)

生年月日
明治44年 7月6日

経歴
大正8年柳家喜よしを名乗り、落語家となる。10年2代目三遊亭金馬門に入り、金時。14年5代目三升家小勝門に入り、勝頼。またこの間13歳で初代江戸家猫八に入門、小猫八の名で浅草の舞台に上がる。初代没後、昭和4年2代目猫八を継ぐが、のち漫談に転じ、10年徳川夢声に対抗して木下華声と改名。鳥や動物などの他、吉田茂、浅沼稲次郎、小西得郎らのものまねを得意とした。著書に「芸人紙風船」。

没年月日
昭和61年 5月27日 (1986年)

家族
父=春風亭 大与枝(興行師)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android