コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落語家 らくごか

知恵蔵の解説

落語家

東京には落語協会(鈴々舎馬風会長、245人)、落語芸術協会(桂歌丸会長、114人)、円楽一門(三遊亭円楽代表、42人)、落語立川流(立川談志家元、47人)、大阪には上方落語協会(桂三枝会長、183人)の団体がある(2006年9月現在)。東京には見習い、前座二つ目真打(しんうち)の階級制度があるが、大阪では大正期に廃止された。入門後5年で二つ目、15年で真打に昇進するのが目安。前座は楽屋に詰めて師匠連の世話や笛、太鼓、鉦による寄席囃子を担当、高座の座布団返しなどの雑用もする。衣食住は師匠持ち。二つ目になると師匠から独立、羽織が着られ、出囃子(でばやし)が付く。真打は最高の称号で、寄席では最後に上がる主任(トリ)を演じることができる。毎年、5人前後の真打が誕生する。昇進は協会幹部、席亭が実力、人気などを加味し、協議して決める。

(太田博 演劇・演芸評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

らくご‐か【落語家】

落語を聞かせることを職業とする人。はなしか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らくごか【落語家】

落語や人情咄・芝居咄・怪談咄などを演ずる芸人。咄家はなしか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

落語家の関連キーワード都々逸坊 扇歌(5代目)古今亭 志ん生(3代目)三遊亭 小円遊(4代目)古今亭 志ん朝(3代目)古今亭 志ん生(4代目)三笑亭 可楽(6代目)春風亭 昇太(2代目)柳家 小さん(6代目)三遊亭 円生(6代目)三升家 小勝(6代目)三遊亭 円楽(5代目)柳家 つばめ(5代目)古今亭 今輔(4代目)春風亭 柳好(3代目)三遊亭 円遊(6代目)林家 正蔵(8代目)林家 正蔵(9代目)柳亭 燕枝(2代目)橘家 円蔵(8代目)橘家 円喬(4代目)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落語家の関連情報