コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落語家 らくごか

知恵蔵の解説

落語家

東京には落語協会(鈴々舎馬風会長、245人)、落語芸術協会(桂歌丸会長、114人)、円楽一門(三遊亭円楽代表、42人)、落語立川流(立川談志家元、47人)、大阪には上方落語協会(桂三枝会長、183人)の団体がある(2006年9月現在)。東京には見習い、前座二つ目真打(しんうち)の階級制度があるが、大阪では大正期に廃止された。入門後5年で二つ目、15年で真打に昇進するのが目安。前座は楽屋に詰めて師匠連の世話や笛、太鼓、鉦による寄席囃子を担当、高座の座布団返しなどの雑用もする。衣食住は師匠持ち。二つ目になると師匠から独立、羽織が着られ、出囃子(でばやし)が付く。真打は最高の称号で、寄席では最後に上がる主任(トリ)を演じることができる。毎年、5人前後の真打が誕生する。昇進は協会幹部、席亭が実力、人気などを加味し、協議して決める。

(太田博 演劇・演芸評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らくご‐か【落語家】

落語を聞かせることを職業とする人。はなしか。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らくごか【落語家】

落語や人情咄・芝居咄・怪談咄などを演ずる芸人。咄家はなしか

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

落語家の関連キーワード三遊亭 小円朝(2代目)古今亭 志ん朝(3代目)古今亭 志ん生(4代目)都々逸坊 扇歌(5代目)柳家 小三治(10代目)三遊亭 小円遊(4代目)古今亭 志ん生(5代目)春風亭 昇太(2代目)三遊亭 円楽(5代目)春風亭 柳好(3代目)春風亭 柳枝(8代目)三遊亭 円馬(4代目)古今亭 今輔(3代目)橘家 円太郎(7代目)柳家 小さん(6代目)柳家 つばめ(5代目)三升家 小勝(6代目)林家 正蔵(7代目)林家 正蔵(9代目)橘家 円蔵(7代目)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落語家の関連情報