木刕麻那(読み)もくら まな

  • 木刕麻那 もくら-まな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の官吏。
継体天皇23年(529),百済の聖明王より任那(みまな)(朝鮮)の安羅(あら)にあった,いわゆる日本府に派遣され,天皇の詔勅をうけて任那の復興を誓約した。欽明(きんめい)天皇4年(543)任那復興を催促する天皇の詔勅がとどくと,その対応について聖明王から諮問された。は木羅,名は昧奴ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android