木地挽(読み)きじひき

精選版 日本国語大辞典の解説

きじ‐びき きヂ‥【木地挽】

〘名〙 (「きじひき」とも) 木地を粗びきすること。木地のままで盆・椀・玩具などの細工をすること。また、その職人。木地屋
※大垣藩座右秘鑑‐二・両山木地挽之事(1681)「一殿様御入用之時は木地挽十八軒にて御座候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の木地挽の言及

【木地屋】より

…その中で(b)の丸物木地は,工具に原始的な手びきろくろとろくろがんなを操作して,いわゆる挽物の日用食具(椀,盆,丸膳など)を主に生産して庶民生活にとりわけなじみ深いものであったからか,木地屋といえばもっぱらこの種職人の代名詞のようになっている。挽物を作るので木地挽ともいい,そのほか轆轤師(ろくろし),木地師,狛屋(こまや)などの呼名がある。
[木地屋の生活習俗]
 木地屋は都市に集住する者もいたが,もともと土地に依存しない非農民で,中世諸職人と同様の漂泊生業者であった。…

※「木地挽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木地挽の関連情報