コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村八郎太夫 きむら はちろうだゆう

1件 の用語解説(木村八郎太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村八郎太夫 きむら-はちろうだゆう

?-? 江戸時代前期の武士。
紀伊(きい)和歌山藩の海部郡(あまぐん)代官。同郡大窪村(和歌山県下津町)で,検地による年貢の負担増にたえかねて元和(げんな)の末ごろ戸数が激減したため租税の一部免除を藩にねがいでる。寛永2年(1625)には農民をよびもどし,竹製の蜜柑(みかん)かごつくりを指導するなど村の復興につくした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木村八郎太夫の関連キーワード市川門太夫岩井源兵衛神谷養勇軒楠不伝桜井勝政菅沼定堅祐国松平三郎兵衛村上吉清村田与三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone