コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村八郎太夫 きむら はちろうだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村八郎太夫 きむら-はちろうだゆう

?-? 江戸時代前期の武士。
紀伊(きい)和歌山藩の海部郡(あまぐん)代官。同郡大窪村(和歌山県下津町)で,検地による年貢の負担増にたえかねて元和(げんな)の末ごろ戸数が激減したため租税の一部免除を藩にねがいでる。寛永2年(1625)には農民をよびもどし,竹製の蜜柑(みかん)かごつくりを指導するなど村の復興につくした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村八郎太夫の関連キーワード紀伊

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android