和歌山藩(読み)わかやまはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和歌山藩
わかやまはん

紀州藩,紀伊藩ともいう。江戸時代,紀伊 (和歌山県) の大半と伊勢 (三重県) の一部を領有した藩。慶長5 (1600) 年浅野幸長が甲斐 (山梨県) 府中から 37万 6500石で入封して立藩。浅野氏は2代長晟 (ながあきら) が元和5 (19) 年安芸 (広島県) 広島へ移封し,代って駿河 (静岡県) 府中から徳川家康の 10子頼宣が 55万 5000石で入封し,紀州徳川家の藩祖となった。2代光貞,3代綱教,4代頼職を経て,5代吉宗は徳川宗家を継いで8代将軍となった。6代宗直,7代宗将,8代重倫,9代治貞,10代治宝,11代斉順,12代斉彊を経て,13代慶福は 14代将軍家茂となった。 14代茂承の代に廃藩。なお,付家老水野氏3万 5000石の在城新宮,同安藤氏3万 8000石余の在城田辺はそれぞれ慶応4 (1868) 年1月新宮藩田辺藩となり廃藩置県にいたった。御三家,江戸城大廊下詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

和歌山藩【わかやまはん】

紀州(きしゅう)藩とも。紀伊(きい)国和歌山に藩庁をおいた親(しん)藩。藩主は浅野氏のあと1619年に徳川家康10男頼宣(よりのぶ)が入り,紀伊国と伊勢(いせ)・大和(やまと)2国の一部で高55万5000石を領知,以後〈御三家〉として幕政を支えた。5代藩主は8代将軍吉宗(よしむね)となり,享保(きょうほう)改革を断行。13代藩主は14代将軍家茂(いえもち)となり孝明(こうめい)天皇の妹和宮(かずのみや)を迎え,公武合体政策を推進した。和歌山城(現在の城は1958年再建)内は国指定史跡,岡口門1棟は重要文化財。
→関連項目大河内紀伊続風土記紀伊国三家田丸徳川家茂松阪[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の和歌山藩の言及

【紀州藩】より

…紀伊国(和歌山県)名草郡和歌山に藩庁を置いた親藩。紀伊藩ともいい,1868年(明治1)からは公式に和歌山藩と称した。親藩となる前は1600年(慶長5)に浅野幸長(よしなが)が37万6500石で入国し,19年(元和5)弟の浅野長晟(ながあきら)が安芸国に転封するまで浅野氏の支配下にあった。…

※「和歌山藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android