コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村彰一 きむら しょういち

1件 の用語解説(木村彰一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村彰一 きむら-しょういち

1915-1986 昭和時代のロシア文学者,スラブ語学者。
大正4年1月5日生まれ。木村謹治の長男。北大助教授,東大・早大教授を歴任し,ロシアスラブ研究の基礎をかためた。訳書にプーシキン「エフゲニー・オネーギン」,著作に「古代教会スラブ語入門」など。昭和61年1月18日死去。71歳。秋田県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の木村彰一の言及

【ロシア語】より

…日本における組織的なロシア語教育は,1873年(明治6)伝道師ニコライが東京に開いた正教神学校,およびその翌年政府の創設した東京外国語学校において開始された。比較言語学に基づく科学的なロシア語の研究は八杉貞利によってその基礎がおかれ,井桁貞敏(1907‐80),木村彰一(1915‐86)らによって発展をみた。第2次大戦後は国際社会におけるロシア語の比重増大の傾向を反映して,日本のロシア語教育も空前の規模に達したが,大学院までの専門課程を備えた大学は日本ではまだ少数である。…

※「木村彰一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木村彰一の関連キーワードソビエト文学木村浩露文池田健太郎石山正三亀山郁夫草鹿外吉熊沢復六中村喜和沼野充義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村彰一の関連情報