コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村謹治 きむらきんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村謹治
きむらきんじ

[生]1889.1.2. 秋田
[没]1948.1.13. 東京
ドイツ文学者。第二高等学校,東京大学卒業。第四高等学校教授を経て東大教授。ゲーテ研究に打込み,『ゲーテ』,『ファウスト研究』 (1939) ,『ウル・マイステル研究』 (41) などの著作がある。また『和独大辞典』,『木村・相良独和辞典』 (相良守峯と共編) があり,斯界に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きむら‐きんじ〔‐キンヂ〕【木村謹治】

[1889~1948]ドイツ文学者。秋田の生まれ。東大教授。ゲーテの研究に努め、また、ドイツ語辞書を編纂(へんさん)。著「『若きゲーテ』研究」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村謹治 きむら-きんじ

1889-1948 大正-昭和時代のドイツ文学者。
明治22年1月2日生まれ。昭和7年東京帝大教授。「若きゲーテ研究」から「完成期のゲーテ」にいたる一連の研究で,日本におけるゲーテ学の基礎をきずく。相良守峯(さがら-もりお)との共著「木村・相良独和辞典」でも知られている。昭和23年1月13日死去。60歳。秋田県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きむらきんじ【木村謹治】

1889~1948) 独文学者。秋田県生まれ。東大教授。ゲーテ研究の第一人者。著「若きゲーテ研究」「ファウスト研究」のほか独和辞典編纂。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村謹治
きむらきんじ
(1889―1948)

独文学者。秋田県生まれ。東京帝国大学独文科卒業。東大教授。ゲーテ研究の第一人者で、『若きゲーテ研究』(1934)はドイツ文学志望者、研究徒に、多大な学問的な刺激を与えた。そのほか『ファウスト研究』『ウル・マイステル研究』『完成期のゲーテ』など、道元禅師の思想との比較論を交えて、ゲーテ学の体系化を追求した。また相良守峯(さがらもりお)との共著『木村・相良独和辞典』(1940)でも知られている。[岩崎武夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木村謹治の関連キーワード北朝鮮戦争文学饗庭篁村広島(市)イギリス映画芦田均ベルリンユリアナ江上波夫イタリア映画

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone