コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村謹治 きむらきんじ

5件 の用語解説(木村謹治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村謹治
きむらきんじ

[生]1889.1.2. 秋田
[没]1948.1.13. 東京
ドイツ文学者。第二高等学校東京大学卒業。第四高等学校教授を経て東大教授。ゲーテ研究に打込み,『ゲーテ』,『ファウスト研究』 (1939) ,『ウル・マイステル研究』 (41) などの著作がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きむら‐きんじ〔‐キンヂ〕【木村謹治】

[1889~1948]ドイツ文学者。秋田の生まれ。東大教授。ゲーテの研究に努め、また、ドイツ語辞書を編纂(へんさん)。著「『若きゲーテ』研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村謹治 きむら-きんじ

1889-1948 大正-昭和時代のドイツ文学者。
明治22年1月2日生まれ。昭和7年東京帝大教授。「若きゲーテ研究」から「完成期のゲーテ」にいたる一連の研究で,日本におけるゲーテ学の基礎をきずく。相良守峯(さがら-もりお)との共著「木村・相良独和辞典」でも知られている。昭和23年1月13日死去。60歳。秋田県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きむらきんじ【木村謹治】

1889~1948) 独文学者。秋田県生まれ。東大教授。ゲーテ研究の第一人者。著「若きゲーテ研究」「ファウスト研究」のほか独和辞典編纂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村謹治
きむらきんじ
(1889―1948)

独文学者。秋田県生まれ。東京帝国大学独文科卒業。東大教授。ゲーテ研究の第一人者で、『若きゲーテ研究』(1934)はドイツ文学志望者、研究徒に、多大な学問的な刺激を与えた。そのほか『ファウスト研究』『ウル・マイステル研究』『完成期のゲーテ』など、道元禅師の思想との比較論を交えて、ゲーテ学の体系化を追求した。また相良守峯(さがらもりお)との共著『木村・相良独和辞典』(1940)でも知られている。[岩崎武夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村謹治の関連キーワード新関良三伊藤吉之助内山貞三郎太田原豊一鹿子木コルネリア上村清延関口存男中野登美雄村山浩一森英吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone