木村 重友(初代)(読み)キムラ シゲトモ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

木村 重友(初代)
キムラ シゲトモ


職業
浪曲師

本名
岩田 甫

生年月日
明治15年 9月15日

出生地
神奈川県 川崎市

経歴
少年時代から浪曲や芝居が好きで、紺屋の職人から浪曲を志し29歳で初代木村重勝に入門、翌年真打となった。大正12年「天保六花撰」で一躍名声を博し、関東節の第一人者といわれた。金襖、世話物、仁侠物など多彩な演題をこなし、「越の海勇蔵」「北海奇聞」「文七元結」などを得意とし、大正後期、虎丸、楽燕、雲月と並び四天王といわれた。

没年月日
昭和14年 8月13日 (1939年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

木村 重友(初代) (きむら しげとも)

生年月日:1882年9月15日
大正時代;昭和時代の浪曲師
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android