コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木梨精一郎 きなし せいいちろう

2件 の用語解説(木梨精一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木梨精一郎 きなし-せいいちろう

1845-1910 幕末-明治時代の武士,官僚。
弘化(こうか)2年9月9日生まれ。椙原治人(すぎはら-はるんど)の長男。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。戊辰(ぼしん)戦争では東海道鎮撫(ちんぶ)総督参謀,ついで奥羽追討白河口総督参謀となり,磐城(いわき)平(たいら)城を攻める。維新後は長野県知事,元老院議官,貴族院議員。男爵。明治43年4月26日死去。66歳。名は恒準。号は宮圃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木梨精一郎

没年:明治43.4.26(1910)
生年:弘化2.9.9(1845.10.9)
幕末明治期の政治家。長州(萩)藩士。号は宮圃。戊辰戦争においては鳳輦勤番,次いで東海道鎮撫総督,東征大総督府,奥羽追討総督の各参謀を務めるとともに仙台追討兵の総軍監に補せられた。明治4(1871)年,兵部少丞,5年兵制改革にともない陸軍少丞に任ぜられたが,6年免ぜられた。その後,内務省に転じ,9年内務少丞,10年内務少書記官,14年新潟県大書記官を歴任した。17年10月長野県令,19年同知事となり,22年12月まで同職にあった。23年貴族院議員に勅選され,29年男爵。

(西尾林太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木梨精一郎の関連キーワード近藤芳樹森寛斎口羽通博乃美織江野村靖藤田広見前田孫右衛門真鍋斌山川浩山田宇右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone