コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木版刷本 もくはんすりほんblock book

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木版刷本
もくはんすりほん
block book

木版で本文と挿絵を刷った本。ヨーロッパでは 15世紀中葉からドイツ,オランダで,挿絵入り宗教書としてつくられたが,その起源は6世紀の中国にさかのぼる。ウマの尾の毛を詰めた革の毬で摩擦して印刷するが,16世紀には A.デューラーによる『黙示録』のような芸術作品に発展した。東洋では挿絵入りではないが木版による仏教経典は早くから制作されており,朝鮮では 750年頃に木版の経典が制作されていたことが判明している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android