コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木綿畳 ユウダタミ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐だたみ〔ゆふ‐〕【木綿畳】

[名]木綿(ゆう)をたたむこと。また、たたんだもの。神事に用いる。
「―手に取り持ちてかくだにも我(あれ)は祈(こ)ひなむ君に逢はじかも」〈・三八〇〉
[枕]を神に手向(たむ)ける意で、「たむけ」に、また「た」を含む地名「たなかみ」にかかる。
「―手向の山を今日(けふ)越えて」〈・一〇一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうだたみ【木綿畳】

( 枕詞 )
木綿畳は、木綿を畳んだものともいうが、形体不明。それを神に手向けることから、「手向けの山」「田上たなかみ山」にかかる。 「 -手向けの山を明日か越え去なむ/万葉集 3151」 「 -田上山のさな葛かずら/万葉集 3070

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木綿畳の関連キーワード田上山・太神山木綿(ゆう)木綿裹み万葉集手向け手向

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android