縫糸(読み)ぬいいと(英語表記)sewing thread

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縫糸
ぬいいと
sewing thread

裁縫用に使われるで,手縫糸とミシン糸 (カタン糸 ) とに分れる。素材は綿,絹,麻,合成繊維などで,良質の単糸を2本以上そろえてより合せた合撚 (ごうねん) 糸が普通。強く,均整で節やむらのないのが必要な条件となる。麻糸は靴,畳などに使われるほかは用途は少い。ミシン糸は手縫糸の場合よりも針穴を摩擦しながら比較的高速に通り抜けるため,磨き処理をして表面を平滑にし,摩擦や発熱に耐えるようにするほか,耐熱性の素材を選ぶ必要がある。カタン糸は主としてエジプト綿を素材にしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の縫糸の言及

【糸】より

…アボリジニーも,帯やベルトやネックレスを編むのに人間の毛髪を使っている。【鍵谷 明子】
[フィラメント糸と紡績糸]
 糸は経糸(たていと),緯糸(よこいと)を組み合わせて織物を作るほか,編物,ししゅう,縫糸(表1参照)などに使われる。そのためには,繊維を一定の方向にそろえて撚りをかけ,均一の太さと連続した長さをもたせ,たわみ性のある,使用目的に耐えるような強伸度を保つように加工される。…

※「縫糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縫糸の関連情報