木谷 千種(読み)キタニ チグサ

20世紀日本人名事典の解説

木谷 千種
キタニ チグサ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治28(1895)年

没年
昭和22(1947)年1月(演劇研究家)

出生地
大阪

本名
木谷 英

旧姓(旧名)
吉岡

経歴
南画を学び、美人画北野恒富に師事、菊池契月にも習った。明治45年第6回文展で「花譜」が初入選。その後文展、帝展に発表を続け、第7回帝展で浮世絵風な「浄瑠璃船」、第10回帝展では舞妓を描いた「祇園町の雪」などを発表、美人画の女流中堅作家として活躍。昭和10年代以後「千種会」を結成した。近松門左衛門の研究家木谷蓬吟と結婚、その著「解説註釈大近松全集」の装幀も手がけた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android