コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木鼠長吉 きねずみ ちょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木鼠長吉 きねずみ-ちょうきち

江戸時代中期の盗賊。
享保(きょうほう)(1716-36)のころの義賊といわれ,「大岡政談」などに登場するが,実在の確証はない。名は吉五郎ともいう。すばしこいため木鼠(リスの別称)とよばれた。菊池三渓の「本朝虞初新誌」によると,大岡越前守(えちぜんのかみ)の裁きをうけて罪をゆるされ,上野(こうずけ)で農民となったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木鼠長吉の関連キーワード木鼠吉五郎

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android