コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡政談 おおおかせいだん

5件 の用語解説(大岡政談の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大岡政談
おおおかせいだん

大岡越前守忠相 (→大岡忠相 ) が江戸町奉行として活躍した物語。当時名裁判官として評判の高かった忠相を主人公として創作されたもので,実際の忠相とはまったく無関係に作られている。内容は中国の『棠陰比事 (とういんひじ) 』などを模したものが多く,天一坊,白子屋お熊,煙草屋喜八,村井長庵などの 16編。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおおか‐せいだん〔おほをか‐〕【大岡政談】

江戸町奉行大岡忠相の名裁判を描いた講談・脚本・小説など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大岡政談【おおおかせいだん】

江戸時代の実録体小説。1717年―1736年町奉行を務めた大岡忠相の裁判を主題とする,〈天一坊〉〈白子屋阿熊〉など16編の話からなるが,史実とは無関係のものが多い。
→関連項目神田伯山天一坊棠陰比事竜図公案

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おおおかせいだん【大岡政談】

名奉行といわれた大岡越前守忠相の裁判に仮託した小説・講談・脚本などをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大岡政談
おおおかせいだん

大岡越前守(えちぜんのかみ)(忠相(ただすけ))の裁きぶりを描く、長短90話ほどの説話群の総称。『白子屋阿熊(おくま)一件』(髪結新三(かみゆいしんざ))以外は仮託(たとえば『天一坊一件』は勘定奉行(かんじょうぶぎょう)稲生下野守(いのうしもつけのかみ))、または虚構といわれている。実録小説としては『隠秘録(いんぴろく)』(1769)が古く、『板岡政要』『大岡政要記』『大岡仁政録』などの書名で行われており、幕末期まで成長し続けたが、諸本の関係はまだ整理されていない。講談化された時期はさだかでないが、馬場文耕(ぶんこう)『近世江戸著聞集』(1757)に白子屋一件があり、初代森川馬谷(ばこく)は正月初席に『大岡仁政録』を読んだといわれている。『娘の手を引くの件』はソロモン伝説に類似し、『小間物屋彦兵衛一件』は中国の『竜図公案(りゅうとこうあん)』に拠(よ)っているが、逆に曲亭馬琴(ばきん)作読本(よみほん)『青砥藤綱摸稜案(あおとふじつなもりょうあん)』後集(1812)は『越後(えちご)伝吉一件』に、河竹黙阿弥(もくあみ)作歌舞伎(かぶき)『勧善懲悪覗機関(かんぜんちょうあくのぞきからくり)』(1862)は『村井長庵一件』に拠(よ)るなど、後世に影響を与えた。ともあれ個々の説話の生成変移、相互関連はきわめて複雑である。[延広真治]
『辻達也編『大岡政談』全二冊(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大岡政談の言及

【大岡忠相】より

…そのほか江戸下層社会の貧窮者を救うために小石川養生所をつくった。彼は日本歴史でもまれにみる有能な実務官僚であったが,有名な〈大岡政談〉の話は実際の彼とはほとんど関係がなく,政治家とはかくあれかしという庶民の願望が託された架空譚である。大岡政談物【大石 慎三郎】。…

【公案】より

…はては林則徐を主人公にした通俗小説《林公案》も出版された。これら公案ものは江戸文学にも影響を与え,《大岡政談》をはじめとする裁判物を生みだした。【礪波 護】 公案はまた禅宗のことばとしてもある。…

【実録物】より

…多くは講談の丸本を整理したもので,原本はおおむね講釈師の手になった。《真書太閤記》《大岡政談》などはとくに有名である。実録体小説にはお家騒動物,仇討,さばき物,武勇伝などがあり,《伊達対決》《越後評定》などがよく知られている。…

【棠陰比事】より

…同じ題名で,寛永年間(1624‐44)に5巻本で刊行,最初の裁判小説として好評を博し,多大の影響を与えた。井原西鶴の《本朝桜陰比事》をはじめ,月尋堂の《鎌倉比事》,作者不明の《日本桃陰比事》と続き,曲亭馬琴の《青砥藤綱模稜案》,講談本の《大岡政談》を生むきっかけとなった。日本の探偵小説の祖ともいうべきものである。…

※「大岡政談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大岡政談の関連キーワード大岡大岡裁き大岡越前〈第6部〉大岡越前〈第7部〉大岡越前〈第8部〉大岡越前〈第9部〉大岡越前守大岡忠相日記大岡忠宜大岡政談物

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大岡政談の関連情報