未利用エネルギー(読み)みりようエネルギー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

未利用エネルギー
みりようエネルギー

主として都市域の清掃工場,地下鉄,変電所,下水処理場などから利用されないまま放出される低温度の都市排熱や工場排熱を指す。都市におけるエネルギー消費密度の増大により,最終的に低レベル排熱として放出されるエネルギー量はきわめて大きい。これに対し通産省資源エネルギー庁では未利用エネルギーを活用した熱供給システムの事業化に向けての計画を打ち出した。冷暖房や給湯といった比較的低温度での熱需要に対しては,未利用エネルギーを再生・利用することが可能であり,既存のシステムに比べ,大幅な省エネルギーと,炭酸ガス,SOx・NOxの排出削減が図れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android