コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末つ方 スエツカタ

デジタル大辞泉の解説

すえ‐つ‐かた〔すゑ‐〕【末つ方】

《「つ」は「の」の意の格助詞
月や季節などの終わりのころ。
「秋の―、いともの心細くて」〈・若紫〉
一続きの物事の終末の部分。終わりのほう。
「ただ―をいささか弾き給ふ」〈・横笛〉
晩年。
「故院の―」〈・若菜上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すえつかた【末つ方】

月や季節などの終わりの頃。 「去りし四月の-/たけくらべ 一葉
終わりの方。末の方。 「 -より鬼いで来て/宇治拾遺 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

末つ方の関連キーワードたけくらべ今は限り物心細し末方