末広亭 辰丸(2代目)(読み)スエヒロテイ タツマル

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

末広亭 辰丸(2代目)
スエヒロテイ タツマル


職業
浪曲師

本名
福島 信太郎

別名
前名=末広亭 小辰丸

生年月日
明治11年

出生地
石川県 金沢

経歴
初め樋口一に弟子入りするが、明治33年初代末広亭辰丸の門に入り、小辰丸を名乗る。芸道に精進し、初代が清風と改名したのを機に2代目辰丸を襲名した。時世新談と称し、当時としては珍しく新聞小説の尾崎紅葉「金色夜叉」や菊池幽芳「己が罪」などを浪曲化して評判をとり将来を期待されたが、肺を患い、41年若くして没した。兄弟子に当たる末広亭辰子が、42年に3代目を襲名。

没年月日
明治41年 9月19日 (1908年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android