コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末広亭 すえひろてい

3件 の用語解説(末広亭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末広亭
すえひろてい

東京の新宿3丁目にある寄席。 1910年,堀江亭と称した端席を,浪曲師末広亭清風が購入,末広亭と改称して浪曲の常打場とした。現在のものは 1948年3月建設。落語,漫才,浪曲,講談などが演じられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すえひろ‐てい〔すゑひろ‐〕【末広亭】

東京都新宿区にある演芸場。明治30年(1897)に開場。第二次大戦で焼失したが、昭和21年(1946)に再建された。新宿末広亭

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末広亭
すえひろてい

東京の寄席(よせ)
(1)1867年(慶応3)から1970年(昭和45)まで中央区人形町にあり、伝統的な寄席として知られていたが、客足激減のため廃館。
(2)新宿区新宿3丁目に現存するもので、当初堀江亭と称し伊勢丹(いせたん)裏にあったのを浪曲師末広亭清風が買収、1906年(明治39)に末広亭と改称、21年(大正10)に現在地に移転した。数少ない東京の寄席として若い人たちにも親しまれている。桟敷(さじき)席もあり、定員325。また第二次世界大戦後、浅草に一時、浅草末広亭があった。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の末広亭の言及

【定席】より

…現在は,上席(かみせき),中席(なかせき),下席(しもせき)と1ヵ月を三分しての10日間興行だが,大正初期までは,15日間ずつの興行だった。明治・大正時代の東京には240軒もあったが,昭和初期には114軒に落ちこみ,1990年現在では,東京で上野・鈴本演芸場,新宿・末広亭,池袋演芸場,浅草演芸ホールなど,上方で,なんばグランド花月など数軒にすぎなくなってしまった。しかし,芸人の修練のためには欠かせぬ場である。…

※「末広亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

末広亭の関連キーワード観菊会東京都新宿区北新宿東京都新宿区三栄町東京都新宿区新宿東京都新宿区戸山東京都新宿区内藤町東京都新宿区西新宿東京都新宿区四谷東京都新宿区若葉橘つや

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末広亭の関連情報