コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末弘ヒロ子 すえひろ ヒロこ

1件 の用語解説(末弘ヒロ子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末弘ヒロ子 すえひろ-ヒロこ

1892-1963 明治時代のミス日本。
明治25年生まれ。もと岩手県・香川県知事末弘直方の4女。学習院女学部中等科在学中の明治41年時事新報社主催の日本最初の美人コンクールで1位,翌年世界6位となる。学習院長乃木希典(まれすけ)はヒロ子を退学にしたが,仲人となり元帥野津道貫(みちつら)の息子鎮之助と結婚させた。昭和38年死去。71歳。鹿児島県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

末弘ヒロ子の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪十月事件東映(株)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末弘ヒロ子の関連情報