コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末弘厳石 すえひろ げんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末弘厳石 すえひろ-げんせき

1858*-1922 明治-大正時代の司法官。
安政4年12月生まれ。末弘厳太郎(いずたろう)の父。高知,盛岡などの始審裁判所判事をへて,東京地方裁判所部長,大審院刑事部長となった。大正11年3月10日死去。66歳。豊前(ぶぜん)宇佐(大分県)出身。司法省法学校卒。本姓は糸永。名は千年。号は「いかし」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

末弘厳石の関連キーワード大正時代司法官

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android