コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末弘厳太郎 すえひろいずたろう

7件 の用語解説(末弘厳太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末弘厳太郎
すえひろいずたろう

[生]1888.11.30. 山口
[没]1951.9.11. 東京
法律学者。父末弘厳石 (いずし) は大審院判事。東京大学卒業後,1921年より東京大学教授。民法講座を担当。 20年ヨーロッパアメリカ留学より帰朝後,日本の伝統的なドイツ解釈法学を批判,社会学的法律学を展開,法社会学の開拓者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すえひろ‐いずたろう〔すゑひろいづタラウ〕【末弘厳太郎】

[1888~1951]民法・労働法学者。山口の生まれ。東大教授。第二次大戦後、労働三法の立案に参画。中央労働委員会の初代会長。著「労働法研究」「物権法」「日本労働組合運動史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

末弘厳太郎【すえひろいずたろう】

民法・労働法学者。山口県出身。1914年以降東大で民法を講じたが,第2次大戦後大学を辞し,中央労働委員会の初代会長として労働争議解決に尽力。大正中期まで支配していたドイツ流の条文中心の法解釈学を批判し,社会生活の中の〈生ける法〉を重視しなければならないと説き,本格的な判例研究や法社会学の発展に貢献した。
→関連項目日本評論社[株]法社会学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末弘厳太郎 すえひろ-いずたろう

1888-1951 大正-昭和時代の法学者。
明治21年11月30日生まれ。末弘厳石(げんせき)の長男。大正10年母校東京帝大の教授となり,労働法研究に業績をのこす。戦後,労働三法の立案にくわわり,昭和22年中央労働委員会初代会長となる。昭和26年9月11日死去。62歳。山口県出身。著作に「物権法」「日本労働組合運動史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すえひろいずたろう【末弘厳太郎】

1888‐1951(明治21‐昭和26)
民法学者,労働法学・法社会学の開拓者。1912年東京帝国大学法科大学を卒業,フランス,アメリカ等に留学して,同大学教授となり,46年退官後,中央労働委員会の初代会長を務めた。当初は,ドイツ民法学の影響の濃い精密な解釈法学を得意としたが(《債権各論》(1917)にうかがわれる),帰国後,学風の大転換を遂げ,日本社会に現実に行われている法を探究し,そこから〈あるべき法〉を築くことを主張して,当時の法律学界に大きな衝撃を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すえひろいずたろう【末弘厳太郎】

1888~1951) 民法学者。山口県生まれ。東大教授。中央労働委員会初代会長。労働法や法社会学の分野に大きな足跡を残した。著「物権法」「労働法研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末弘厳太郎
すえひろいずたろう
(1888―1951)

民法学者、労働法学者。山口県出身。1912年(明治45)東京帝国大学独法科卒業。20年(大正9)同大学教授、46年(昭和21)退官し、中央労働委員会初代の会長となる。民法学の分野では、大正中期まで学界を支配していたドイツ法学的な注釈学的解釈法学の傾向を批判して、社会生活のなかに実際に存在する法の研究を唱導した。『物権法』はこの点からする画期的な業績であるといわれている。また、裁判所が現実に法を創造するという観点から判例研究を行う必要があることを説いて、東京帝国大学に民法判例研究会を創設した。労働法の分野では、労働法研究の必要性を説いてこの領域における開拓者的存在となった。そのほか、法社会学の業績もある。主著は『債権各論』(1917)、『物権法』(1921)、『労働法研究』(1926)、『法学入門』(1938)、『民法雑記帳 上下』(1940、1949)など。[淡路剛久]
『『末弘著作集1 法学入門』『末弘著作集2・3 民法雑記帳 上下』『末弘著作集4 嘘の効用』『末弘著作集5 役人学三則』(第2版・1980・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の末弘厳太郎の言及

【エールリヒ】より

…〈法の発展の重心は社会にある〉というテーゼに基づく彼の一般的法理論は《法社会学の基礎づけ》(1913)に集約されており,これによりM.ウェーバーと並ぶ法社会学の創始者とされる。彼の考え方は,日本では大正デモクラシー期における末弘厳太郎の市民法学に生かされ,第2次大戦後の法社会学において,近代的な実定法の貫徹を妨げる旧来の慣行の調査研究を導く役割を果たした。【六本 佳平】。…

【法社会学】より

…まず近代日本の法体系のかなめである明治民法(〈旧民法〉の項を参照)の編纂において,穂積陳重の〈法律進化論〉が重要な役割を果たしたが,それは法の変動の認識とその実践的応用を目的とするものであり,日本における法社会学の源流をなすといえよう。法社会学の自覚的展開は,第1次大戦による社会関係の激変を背景として,現実と遊離した国家法を鋭く批判した末弘厳太郎の研究に始まる。エールリヒの〈生ける法〉(現実に人間の行動を規律している行為規範)の理論は,末弘が国家法と社会的現実とのギャップを認識するうえに重要な役割を果たした。…

【法律時報】より

…月刊。末弘厳太郎の指導の下に日本評論社から発行。編集方針は,法律に関する時事問題の解説・評論,法律研究に必要な資料文献の収集・紹介,専門家以外の人々の法律に関する意見その他の記事の3点におかれ,今日に継承されている。…

※「末弘厳太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

末弘厳太郎の関連キーワード法社会学開拓者磯村哲片岡曻菊池勇夫菅野和夫野村平爾花見忠ジンツハイマー《法社会学の基礎づけ》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone