末期癌の治療(読み)まっきがんのちりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末期癌の治療
まっきがんのちりょう

癌の治療のため手を尽しても死を迎える癌患者は多い。万が一の可能性を期待して最後まで治療を続けることもできるが,患者が受ける苦痛はあまりに大きい。末期癌の治療は死を間近に控えた患者の悩みや苦痛を取除き,残された期間をより人間らしい生活を送ってもらうことに主眼がおかれる。「生活の質」 (クオリティ・オブ・ライフ) を重視する治療である。病床での良好な状態を維持するため,麻薬を投与してもまず苦痛を取除く。医療従事者をはじめ,カウンセラーケースワーカー,家族,友人らのチームによる精神的支援も不可欠となる。このような終末医療の専門病院がホスピスだが,最近は在宅医療も見直されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android