コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末期癌の治療 まっきがんのちりょう

1件 の用語解説(末期癌の治療の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末期癌の治療
まっきがんのちりょう

癌の治療のため手を尽しても死を迎える癌患者は多い。万が一の可能性を期待して最後まで治療を続けることもできるが,患者が受ける苦痛はあまりに大きい。末期癌の治療は死を間近に控えた患者の悩みや苦痛を取除き,残された期間をより人間らしい生活を送ってもらうことに主眼がおかれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末期癌の治療の関連キーワード意を迎える御迎え手を尽くす無き手を出す迎え迎え鐘迎え水地域癌登録分子標的治療佳境を迎える

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone