終末医療(読み)シュウマツイリョウ

大辞林 第三版の解説

しゅうまついりょう【終末医療】

病気の進行が進み、死期が近づいている患者に対して行う医療。終末期医療。末期医療。ターミナルケア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

終末医療
しゅうまついりょう

末期癌(がん)などで治療の手段がないと判断されたときに、延命治療を施すだけでなく、患者の心身の苦痛を緩和し、穏やかに尊厳をもって最後の日々の生活を営めるような緩和医療を提供すること。終末期医療ともいい、ターミナル・ケアとほぼ同義として扱われる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終末医療の関連情報