苦痛(読み)くつう

日本大百科全書(ニッポニカ)「苦痛」の解説

苦痛
くつう

生理的、心理的になんらかの損傷が与えられるときにおこる苦しみ・痛みの感覚あるいは状態。一般に痛は避けられるべきものであるが、あえて苦痛を求めることもある。すなわち精神分析では苦痛はかならずしも避けるべき不快とはみなさない。対象に苦痛を与えて満足を得るサディズムと対象から苦痛を与えられて満足を得るマゾヒズムがあり、両者をあわせてアルゴラグニー(苦痛嗜愛)という。

[外林大作・川幡政道]

『ハヴロック・エリス著、佐藤晴夫訳『性の心理2 愛と苦痛』(1995・未知谷)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「苦痛」の解説

く‐つう【苦痛】

〘名〙 (形動)
① (━する) 肉体の痛みのために苦しむこと。また、その痛み。
※本朝無題詩(1162‐64頃)四・三月尽日惜春〈藤原重綱〉「苦痛池風和気変。那堪林露暖光晞」
※太平記(14C後)二六「翌日より重き病を請けて、五体暫(しばらく)も安き事無く、七日の間苦痛(クツウ)逼迫(ひっぱく)して」 〔韓非子‐解老〕
② 精神的な苦しみ。悩み。
※天草本伊曾保(1593)狐と鼬の事「フッキニ ナレバ、cutçǔ(クツウ) ヒッパクニ ヲヨブ コトガ アル」 〔呂氏春秋‐行論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦痛」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android