コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末次(1) すえつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末次(1) すえつぐ

?-? 鎌倉-南北朝時代の刀工。
備中(びっちゅう)(岡山県)青江派。康次(やすつぐ)の子で,文応(1260-61)ごろの人。あるいは吉次(よしつぐ)の子で貞永(じょうえい)(1232-33)ごろの人。あるいは貞治(じょうじ)(1362-68)ごろの人という。同銘の刀工が複数いた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

末次(1)の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android