文応(読み)ブンオウ

大辞林 第三版の解説

ぶんおう【文応】

年号(1260.4.13~1261.2.20)。正元の後、弘長の前。亀山天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんおう【文応】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1260年から1261年まで、亀山(かめやま)天皇の代の元号。前元号は正元(しょうげん)。次元号は弘長(こうちょう)。1260年(正元2年)4月13日改元。亀山天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。文応年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)、執権は北条長時(ながとき)(6代)。1259年(正元1)、後深草(ごふかくさ)天皇は父の後嵯峨(ごさが)上皇の意向により、同母弟の亀山天皇に譲位した。この頃、後深草・亀山の二代にわたり、後嵯峨上皇が院政を行っていた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんおう【文応】

鎌倉時代、亀山天皇の代の年号。正元二年(一二六〇)四月一三日に改元、文応二年(一二六一)二月二〇日に至って次の弘長となる。出典は「晉書‐劉毅伝」の「大晉之行、戢武興文之応也」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android