コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文応 ブンオウ

大辞林 第三版の解説

ぶんおう【文応】

年号(1260.4.13~1261.2.20)。正元の後、弘長の前。亀山天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんおう【文応】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1260年から1261年まで、亀山(かめやま)天皇の代の元号。前元号は正元(しょうげん)。次元号は弘長(こうちょう)。1260年(正元2年)4月13日改元。亀山天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。文応年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)、執権は北条長時(ながとき)(6代)。1259年(正元1)、後深草(ごふかくさ)天皇は父の後嵯峨(ごさが)上皇の意向により、同母弟の亀山天皇に譲位した。この頃、後深草・亀山の二代にわたり、後嵯峨上皇が院政を行っていた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

文応の関連キーワード尊守法親王(1)飛鳥井教定末次(1)二階堂行宗二階堂行頼立正安国論二階堂行義諄子内親王宗尊親王坊門基輔北条長時北条時宗兀庵普寧高峰顕日日野俊光永応女王規庵祖円橋本実俊済翁証救巨勢有行

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文応の関連情報