コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞永 ジョウエイ

大辞林 第三版の解説

じょうえい【貞永】

年号(1232.4.2~1233.4.15)。寛喜の後、天福の前。後堀河・四条天皇の代。ていえい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうえい【貞永】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1232年から1233年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は寛喜(かんぎ)。次元号は天福(てんぷく)。1232年(寛喜4)4月2日改元。飢饉の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易注疏(しゅうえきちゅうそ)』を出典とする命名。鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)。1232年(貞永1)、第3代執権の北条泰時(やすとき)は御成敗式目(ごせいばいしきもく)(貞永式目)を制定した。同年には後堀河天皇が皇子の四条天皇に譲位した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

貞永の関連キーワードコント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチ必殺! THE HISSATSU月影兵庫あばれ旅〈II〉超高層ホテル殺人事件建礼門院右京大夫集忠子女王(2)藻璧門院但馬新勅撰和歌集良遍(1)沙汰の限り末次(1)必殺仕置人持明院家定球形の荒野御成敗式目野本基員日野家光葉室資頼縄田尚門度会貞永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞永の関連情報