貞永(読み)ジョウエイ

大辞林 第三版の解説

じょうえい【貞永】

年号(1232.4.2~1233.4.15)。寛喜の後、天福の前。後堀河・四条天皇の代。ていえい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうえい【貞永】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1232年から1233年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は寛喜(かんぎ)。次元号は天福(てんぷく)。1232年(寛喜4)4月2日改元。飢饉の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易注疏(しゅうえきちゅうそ)』を出典とする命名。鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)。1232年(貞永1)、第3代執権の北条泰時(やすとき)は御成敗式目(ごせいばいしきもく)(貞永式目)を制定した。同年には後堀河天皇が皇子の四条天皇に譲位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android