コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末端基定量法 まったんきていりょうほう end group determination

1件 の用語解説(末端基定量法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末端基定量法
まったんきていりょうほう
end group determination

端末基定量法ともいわれる。高分子化合物の構造研究および分子量測定に用いられる分析法。単量体が重縮合して高分子化合物を形成する場合,鎖の中間と末端とではその構造が異なっている。このとき末端にある官能基を定量することによって,直鎖状高分子平均重合度や分岐高分子の分岐の数などを推定することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末端基定量法の関連キーワード加水分解合成高分子高分子化合物高分子電解質架橋非結晶性高分子天然高分子高分子物質低分子化合物オゾニド

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone