コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末端基定量法 まったんきていりょうほうend group determination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末端基定量法
まったんきていりょうほう
end group determination

端末基定量法ともいわれる。高分子化合物の構造研究および分子量測定に用いられる分析法。単量体が重縮合して高分子化合物を形成する場合,鎖の中間と末端とではその構造が異なっている。このとき末端にある官能基を定量することによって,直鎖状高分子の平均重合度や分岐高分子の分岐の数などを推定することができる。ポリアミドのような合成高分子,ポリペプチドや多糖類のような天然高分子の構造研究に広く応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android