コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末錦旱岐 まきんかんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末錦旱岐 まきんかんき

日本書紀」にみえる加羅(朝鮮)卓淳(とくじゆん)国の国王
現在の慶尚北道大邱付近を支配。神功(じんぐう)皇后摂政47年に百済(くだら)(朝鮮)が日本と通交した際,その仲介をしたとされる。百済日本通交起源説話として知られるが,実在を疑問視する説もある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android