本人確認(読み)ほんにんかくにん

投資信託の用語集の解説

本人確認


金融機関顧客と金融取引を行う際に、公的証明書により顧客の本人特定事項(個人の場合は氏名、住居生年月日等)を確認すること。
2003年(平成15年)1月より、「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律(本人確認法)」により、金融機関に対し顧客の本人確認や取引記録の保存等顧客管理体制の整備が義務付けられた。これは金融機関がテロ資金供給やマネー・ローンダリング等に利用されることを防ぐことを目的としたものである。本人確認は、①取引口座開設時、②200万円以上の現金取引、③氏名、住居等真偽に疑いがある顧客等との取引を行う際に行われる。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本人確認の関連情報