コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多勝一 ほんだ かついち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多勝一 ほんだ-かついち

1932- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト。
昭和7年3月28日生まれ。昭和33年朝日新聞社に入社。社会部記者となり,探検ルポ「カナダ・エスキモー」「ニューギニア高地人」,ベトナム戦争ルポ「戦場の村」などを発表。43年編集委員。のち事実をつみあげて告発するルポ「殺される側の論理」「カンボジアの旅」などをあらわす。平成3年退社後,久野収(くの-おさむ)らと「週刊金曜日」を創刊。長野県出身。京大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多勝一の関連キーワードボーン・上田記念国際記者賞南ベトナム解放民族戦線カナダのイヌイットジャーナリストエスキモー釧路平野平和教育鈴木 明釧路湿原万人坑鈴木明湿原

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本多勝一の関連情報