コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久野収 くのおさむ

4件 の用語解説(久野収の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久野収
くのおさむ

[生]1910.6.10. 大阪
[没]1999.2.9. 静岡
哲学者。 1934年京都大学文学部卒業。在学中の 33年に起きた滝川事件では学生を組織して反対運動を率いた。 35年に理論情報誌『世界文化』を,36年には週刊紙『土曜日』を創刊し,京都を中心に反ファッショの文化運動を展開したが,37年に治安維持法違反に問われ2年間の獄中生活をおくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

久野収【くのおさむ】

哲学者・評論家。大阪府生れ。京都帝国大学(現,京都大学)文学部哲学科卒業。学習院大学講師などを歴任し,ファシズムの分析,プラグマティズム哲学の研究を行う一方,平和運動市民運動などに関わり,戦後民主主義の理論的指導者として多大な影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久野収 くの-おさむ

1910-1999 昭和-平成時代の哲学者,評論家。
明治43年6月10日生まれ。京都帝大大学院在学中の昭和10年「世界文化」を,11年「土曜日」を創刊。12年人民戦線運動で投獄される。戦後,学習院大講師。全面講和・非武装中立・憲法擁護を主張し,安保闘争ベ平連運動で活躍。一貫して市民主義の立場にたち,行動と理論活動を展開した。平成11年2月9日死去。88歳。大阪出身。著作に「平和の論理と戦争の論理」「市民主義の成立」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久野収
くのおさむ
(1910―1999)

思想家、評論家。大阪府生まれ。1934年(昭和9)京都帝国大学文学部卒業。在学中、滝川事件を体験、学生を組織して滝川幸辰(たきかわゆきとき)教授の休職に対する反対運動を起こしたが、弾圧された。1935年『世界文化』誌、翌1936年『土曜日』紙の創刊に参加。京都を中心に反ファッショの文化運動を進めたが、1937年治安維持法違反で検挙、2年間投獄される。第二次世界大戦後の1949年(昭和24)学習院大学講師となり、哲学を講ずる。「平和問題談話会」(1949年結成)のメンバーとして日本国憲法の原理にたった全面講和や非武装中立の実現を目ざして活動。以後、「憲法問題研究会」、安保闘争、ベ平連運動と不断の実践活動を続けるなかで、リベラリズム、市民主義の立場にたった数々の優れた平和論を発表した。対談の名人としても知られ、多くの対談集を残している。おもな著書に『現代日本の思想』(共著・1956)、『憲法の論理』(1969)、『平和の論理と戦争の論理』(1972)、『歴史的理性批判序説』(1977)、『日本遠近――ふだん着のパリ遊記』(1983)などがある。[西田 毅]
『『久野収対話集』全4冊(1972~1973・人文書院) ▽『久野収対話史』全2冊(1988・マドラ出版) ▽『久野収集』全5冊(1998・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

久野収の関連キーワード誘導尋問薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問新聞小説レルヒアフリカ神話桂太郎内閣

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久野収の関連情報