コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠徳 ほんだ ただのり

1件 の用語解説(本多忠徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠徳 ほんだ-ただのり

1818-1860 江戸時代後期の大名。
文政元年9月18日生まれ。本多忠知(ただとも)の3男。ふたりの兄の早世により,天保(てんぽう)7年陸奥(むつ)泉藩(福島県)藩主本多家5代となる。14年本丸若年寄。江戸湾の海岸巡検を命じられて調査,のち品川沖に御台場がきずかれた。藩校汲深(きゅうしん)館を創設した。万延元年6月12日死去。43歳。号は汲深斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多忠徳の関連キーワード楠里亭其楽堀利煕万延梅暮里谷峨増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席桜狩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone