コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠徳 ほんだ ただのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠徳 ほんだ-ただのり

1818-1860 江戸時代後期の大名。
文政元年9月18日生まれ。本多忠知(ただとも)の3男。ふたりの兄の早世により,天保(てんぽう)7年陸奥(むつ)泉藩(福島県)藩主本多家5代となる。14年本丸若年寄。江戸湾の海岸巡検を命じられて調査,のち品川沖に御台場がきずかれた。藩校汲深(きゅうしん)館を創設した。万延元年6月12日死去。43歳。号は汲深斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多忠徳の関連キーワードサウド家楠里亭其楽堀利煕ビニエ万延第二帝政ラトビアフォンタネージ梅暮里谷峨増田五郎右衛門

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android