コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御台場 おだいば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御台場
おだいば

江戸時代における砲台別称台場,大筒台場ともいい,特に品川沖に設けられたものをさす。品川の御台場はペリー来航のとき,江川太郎左衛門英龍らによって建設されたもので,11ヵ所を予定していたが,嘉永6 (1853) 年着工,翌安政1 (54) 年に完成したのは5ヵ所 (第1,2,3,5,6台場) のみで,あとは中止。実際に用いられたことはなく,1926年史跡に指定され,陣屋,火薬庫跡が残されている。付近一帯は,東京湾臨海副都心の一部として,公園,レジャー施設が建設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐だいば【御台場】

江戸幕府が江戸品川沖に築いた砲台。特にそのうち、品川台場をさす。
台場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おだいば【御台場】

台場のうち、特に品川台場のこと。
〔品川台場築造の人夫に多く支払われたので〕 一朱銀の称。安政年間(1854~1860)鋳造の小銀貨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御台場の言及

【台場】より

…江戸時代に築造された砲台のこと。とくに,幕府築造の東京湾品川沖の砲台を御台場という。1853年(嘉永6)ペリーの率いる軍艦が羽田沖まで進出したことに驚いた幕府は,再来日に備え,伊豆韮山代官江川太郎左衛門(英竜)らの献策により,8月,品川沖に11基の台場の築造を決定した。…

※「御台場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御台場の関連キーワード韮山反射炉斎藤弥九郎江戸時代本多忠徳浜松藩人夫鋳造大畑