御台場(読み)おだいば

精選版 日本国語大辞典「御台場」の解説

お‐だいば【御台場】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① (「だいば(台場)」の敬称) 江戸時代、砲台のこと。幕末異国船に備え各所の海岸に設けられたが、普通には江戸品川沖に築かれたものをさす。
※財政経済史料‐一・財政・諸費・文武費・嘉永六年(1853)八月二〇日「内海へ厳重の御台場御取立被仰出
② 嘉永七年(一八五四)から発行された嘉永一朱銀(一両の十六分の一に当たる)の異称。当時築造中の品川台場の人足賃(銭二百五十文)として盛んに使われたところからいう。
※歌舞伎・怪談月笠森(笠森お仙)(1865)序幕「お台場の一つも貰って髷紐(まげひも)でも買はうと思って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「御台場」の解説

御台場
おだいば

江戸時代における砲台の別称。台場,大筒台場ともいい,特に品川沖に設けられたものをさす。品川の御台場はペリー来航のとき,江川太郎左衛門英龍らによって建設されたもので,11ヵ所を予定していたが,嘉永6 (1853) 年着工,翌安政1 (54) 年に完成したのは5ヵ所 (第1,2,3,5,6台場) のみで,あとは中止。実際に用いられたことはなく,1926年史跡に指定され,陣屋,火薬庫跡が残されている。付近一帯は,東京湾臨海副都心の一部として,公園,レジャー施設が建設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「御台場」の解説

お‐だいば【御台場】

江戸幕府が江戸品川沖に築いた砲台。特にそのうち、品川台場をさす。
台場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御台場の言及

【台場】より

…江戸時代に築造された砲台のこと。とくに,幕府築造の東京湾品川沖の砲台を御台場という。1853年(嘉永6)ペリーの率いる軍艦が羽田沖まで進出したことに驚いた幕府は,再来日に備え,伊豆韮山代官江川太郎左衛門(英竜)らの献策により,8月,品川沖に11基の台場の築造を決定した。…

※「御台場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android