本朝二十四孝(読み)ほんちょうにじゅうしこう

精選版 日本国語大辞典「本朝二十四孝」の解説

ほんちょうにじゅうしこう ホンテウニジフシカウ【本朝二十四孝】

浄瑠璃。時代物。五段。近松半二・三好松洛・竹田因幡・竹本三郎兵衛ら合作。明和三年(一七六六)大坂竹本座初演。上杉・武田両家の争いを題材とし、「信州川中島合戦」など先行諸作品の影響を受けて成立。三段目の切「勘助住家」、四段目の切「十種香(じしゅこう)」「狐火」などが有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android