コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十種香/十炷香 ジシュコウ

デジタル大辞泉の解説

じしゅ‐こう〔‐カウ〕【十種香/×炷香】

《「じしゅごう」とも》
10種類の香の名。栴檀(せんだん)・沈水(じんすい)・蘇合(そごう)・薫陸(くんろく)・鬱金(うこん)・青木(せいぼく)・白膠(はっこう)・零陵(れいりょう)・甘松(かんしょう)・鶏舌(けいぜつ)。
数種の10包をたき、その香の名をきき当てる遊び。

じっしゅ‐こう〔‐カウ〕【十種香/十×炷香】

じしゅこう(十種香)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十種香
じしゅこう

「じっしゅこう」とも。10種の著名な香の名で、栴檀(せんだん)、沈水(じんすい)、蘇合(そごう)、薫陸(くんろく)、鬱金(うこん)、青木(せいぼく)、白膠(はっこう)、零陵(れいりょう)、甘松(かんしょう)、鶏舌(けいぜつ)の10種。浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』四段目のなかで、ヒロインの八重垣(やえがき)姫が許嫁(いいなずけ)の武田勝頼(かつより)をしのび香をたくくだりがあり、「十種香」の通称で知られる。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の十種香/十炷香の言及

【組香】より

…素材が香木の薫りであるから,それにふさわしい主題は限定され,またあまり複雑な表現は困難である。 組香の原型は15世紀,室町時代に始まる十炷(じつちゆう)香,十種香である。このころ催された香会(こうかい)はほとんどが十種香で,ときには名香合や炷継香(たきつぎこう)も行われた。…

※「十種香/十炷香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十種香/十炷香の関連キーワード豊竹鐘太夫(初代)十種香・十炷香竹本摂津大掾竹本越路太夫空華庵忍鎧いいなずけそごう香道具うこん続松艶物色裃鬱金組香蘇合薫陸沈水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android