コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本生経 ホンショウキョウ

デジタル大辞泉の解説

ほんしょう‐きょう〔ホンシヤウキヤウ〕【本生経】

《〈梵〉jātakaの訳》釈迦(しゃか)が前世で修めた菩薩行(ぼさつぎょう)を集めた説話。十二分経の一。本生譚。ジャータカ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本生経【ほんじょうきょう】

ジャータカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんしょうきょう【本生経】

釈迦が前世にまだ修行者であった頃の説話をまとめたもの。十二部経の一。本生譚。ジャータカ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本生経の言及

【ジャータカ】より

…これによって,ジャータカは単なる説話文学ではなく,過去と現在の行為の因果関係(業報(ごうほう))を明らかにする教説となっている。ジャータカは一般に〈本生話(ほんじようわ)〉〈本生譚〉などと訳されるが,漢訳では〈本生経〉と仏教経典の一部に分類されていることは注意すべきである。 現在,最も完備したジャータカは,南方仏教が伝える〈小部(クッダカ・ニカーヤ)経典〉(パーリ語)中の22編547種であるが,これには奇跡物語(未曾有法(みぞうほう))や譬喩・因縁物語などは含まれていない。…

※「本生経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本生経の関連キーワードLibraianDEEPカルナータカ音楽闍多迦DIAMOND☆DOGS幸地尚子ONEOKROCKWherever you areThe BeginningHeartache