コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四分律 しぶんりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四分律
しぶんりつ

仏教の書名。 60巻。法蔵部の律とされる。永興4 (412) 年,姚秦の仏陀耶舎が竺仏念らとともに訳出。内容が4つの部分に分けて説かれているためにこの名称がある。漢訳律中,最も普及したもの。注釈としては,道宣の『四分律行事鈔』が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぶんりつ【四分律】

戒律聖典。60巻。後秦の仏陀耶舎(ぶっだやしゃ)訳。僧の日常生活の規則である律を整備・増補したもので、法蔵部で伝持。内容が4分されている。曇無徳(どんむとく)律。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶりつ【四分律】

しぶんりつ【四分律】

〔「しぶりつ」とも〕
部派仏教の法蔵部の律。漢訳は後秦の仏陀耶舎訳で、六〇巻。四部から成り、律の代表的な教典。別称、曇無徳どんむとく律。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四分律の関連キーワード破戒(仏教)二百五十戒律(仏教)道光(1)道誉(2)和田智満天台律宗部派仏教真言律宗四分律宗阿闍梨糞掃衣具足戒安敬尼五部律三大部四部律得度思託慈山

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android