コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二分経 ジュウニブンキョウ

2件 の用語解説(十二分経の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうにぶん‐きょう〔ジフニブンキヤウ〕【十二分経】

仏教経典を12に分類した呼び名。修多羅(しゅたら)(契経(かいきょう))・祇夜(ぎや)(応頌(おうじゅ))・伽陀(かだ)(諷頌(ふじゅ))・和伽羅那(わがらな)(授記)・優陀那(うだな)(無問自説)・尼陀那(にだな)(因縁)・阿波陀那(あばだな)(譬喩(ひゆ))・伊帝曰多伽(いていわったか)(本事)・闍陀伽(じゃたか)(本生)・毘仏略(びぶつりゃく)(方広・方等)・阿浮陀達磨(あぶだだつま)(未曽有(みぞう))・優婆提舎(うばだいしゃ)(論議)。初めの三つは経文の体裁から、残りの九つは内容から分けたもの。十二部経

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうにぶんきょう【十二分経】

〘仏〙 経典を形式または内容から一二に分類したもの。修多羅しゆたら(契経かいきようまたは経)・祇夜ぎや(応頌おうじゆまた重頌)・伽陀かだ(諷頌)・尼陀那(因縁)・伊帝曰多伽いていわつたか(本事)・闍陀迦じやたか(本生)・阿浮陀達磨あぶただつま(希法または未曽有)・阿波陀那あばだな(譬喩)・優婆提舎うばだいしや(論議)・優陀那うだな(自説)・毘仏略びぶつりやく(方広)・和伽羅那わからな(授記)。十二部経。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二分経の関連キーワード修多羅円覚経契経件名多羅樹納音仏名経ニグリの分類修多羅亮延修多羅供銭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone