コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本田善光 ほんだ よしみつ

2件 の用語解説(本田善光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本田善光 ほんだ-よしみつ

伝承上の人物。
善光寺縁起」によれば,欽明天皇13年(552)百済(くだら)(朝鮮)の聖明(せいめい)王からおくられた阿弥陀如来(あみだにょらい)像が,物部氏によって難波(大阪府)の堀江にすてられていたのを,善光が信濃(しなの)(長野県)まではこび,堂宇をたてて安置したという。これが現在の善光寺で,仏像が秘仏とされる本尊一光三尊如来であるとされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本田善光

伝説上の人物。欽明13(552)年,百済の聖明王から献上された天竺の月蓋長者の造ったという阿弥陀如来像が,悪疫流行のために,物部氏によって難波の堀江に流し捨てられたが,都にのぼっていた善光がそこを通ると,阿弥陀仏が水の中から飛び出して,背中におぶさった。信濃国(長野県)まで背負って家に安置したのち,阿弥陀の霊告によって,水内郡芋井郷(長野市)に移し,のちに如来堂を建立して祭ったと伝えられる。それが長野市善光寺の古来より秘仏とされる本尊である。舟形光背の阿弥陀三尊像で,ひとつの光背の中に三尊が納まるところから,一光三尊如来といわれる。<参考文献>『善光寺縁起』

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本田善光の関連キーワード伝説儀狄許由愚公離朱厨子王メルン道深箭田珠勝大兄皇子温祚王

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本田善光の関連情報