本船渡(読み)ほんせんわたし

精選版 日本国語大辞典の解説

ほんせん‐わたし【本船渡】

〘名〙 船積み港で、買い手の手配した本船商品を積み込むまでの費用とリスクを売り手が負担し、それ以後の費用を負わないという貿易条件。この条件による商品の値段を本船渡し値段という。FOB。

もとぶね‐わたし【本船渡】

〘名〙 売り主が沖合に碇泊中の本船から買い主のはしけに引き渡す貨物受渡方法。沖渡し

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android