コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木貞高 くつき さだたか

2件 の用語解説(朽木貞高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木貞高 くつき-さだたか

?-? 室町時代の武将。
近江(おうみ)(滋賀県)の豪族で,佐々木氏一族。享徳3年(1454)若狭(わかさ)(福井県)の牢人蜂起をしずめる。長禄(ちょうろく)2年将軍足利義政から近江高島郡の朽木荘をみとめられ,その一部が幕府御料所となるなど,幕府と密接な関係をたもった。通称は弥五郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

朽木貞高

生年:生没年不詳
室町時代の武将。信濃守。父は時綱。鎌倉時代,承久の乱の恩賞として近江国高島郡朽木荘(滋賀県朽木村)の地頭職を得た佐々木信綱の子孫貞高は,大和に出陣中,私宅が炎上し証文などを紛失したが,享徳2(1453)年に本領朽木荘以下を安堵された。翌年,若狭牢人の蜂起鎮圧に功あり,将軍足利義政より感状を得る。寛正6(1465)年の後土御門天皇即位に際しては義政の帯刀として供奉,将軍に近侍し以後の朽木氏と将軍家との密接な関係の礎となった。寛正1年に朽木荘は室町幕府の御料所となっていたが,応仁1(1467)年,貞高の忠節により返付された。長享1(1487)年,将軍足利義尚六角高頼征討に際しては,武田大膳大夫と共に馳せ向かうよう,法名の観喜宛で命じられている。

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朽木貞高の関連キーワード公方足利義久小笠原清宗小笠原宗康小笠原持長(2)佐々木泰清長尾房景二階堂時綱正木通綱六角満綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone